ダイヤフラムポンプ

ダイヤフラムポンプ原理/機構

このページをプリント

原理/機構

モータの回転をクランクを通じ、ダイヤフラムを往復運動させて、吸引及び吐出を行います。
バルブは並木パテントによる逆止弁を搭載。


このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


COPYRIGHT©NAMIKI PRECISION JEWEL CO.,LTD,ALL RIGHT RESERVED